「PASSAGE(英:パッセージ 仏:パサージュ」とは、”通過点”、”境界をまたぐ”、”過程”という意味。
合同展示会の主催、ギャラリーの運営、国内外のクリエイターとのネットワークを持つGAS AS I/Fを通して、様々な価値観(時に異質なものも)を、繋ぎ合わせることを目指しています。

 

 


Marca

【Marca(マルカ)】
今から約160年前、開港当初の横浜港から数多く輸出されたシルク。日本の近代化や戦後の復興を支えた絹産業にあって、製品づくりでも栄えた横浜。
シルクに色鮮やかなプリントをのせたスカーフは、戦後、プリント技術を高め生産性を上げることで1970年代には世界のスカーフの約半分を生産していました。その技術力は世界一のプリント産地として名高いイタリア・コモのプリントにも比肩すると評され、今もなお世界中の多くの方を魅了しています。
1952年横浜の地に創業した株式会社丸加は、その匠の技術を現代に継承し、『伝統横濱スカーフ』を始めとした、こだわりのスカーフをつくり続けています。

【Marcaオリジナル】
Marcaオリジナルはシーズンごとに主にクラシカルなデザインの中から柄を選定し、
これからの装いにちょうど良いカラーリングのスカーフなどを中心に商品展開をしております。
「美しいものを身にまとう気持ち良さ」と「色鮮やかなシルクスカーフ1枚でとても豊かに毎日を彩れること」をお伝えしていきたいと思います。

【the PORT by marca】
横浜といえば港町。
多くの人やモノが出入りをすることで一層洗練されていく。
そのどれもが時代性を帯びますが、決して色褪せない不思議。
かつて“港”が窓口となり、プリントが世界をつなげ、横浜を、そして日本を元気に彩っていったように毎日の生活に彩りを添えるプリントでありたい。
そんな願いを込めて“the PORT by marca”が誕生しました。
プリントの魅力をより身近に感じられる、毎日が楽しくなるような
遊び心のある商品を提案していきます。


KIAN

KIANはコンテンポラリーで色彩豊かなクラフト作品をオーガナイズするキュレーション / ディストリビューションチームです。

現在は東京都自由が丘を拠点に、大阪、金沢、名古屋をはじめとする日本各地で様々な展示を行う他、所属作家の作品の流通を手がけています。

 

日常のアクセントになるような個性の強い作品から、毎日の生活で使うことの出来る作品まで、ふと目を留めた時にワクワクできる作品たちと一緒に暮らす楽しみを提案します。


FELIX100_BY_GASBOOK

アーティストデザインブック「GASBOOK」がキュレーションしたアーティストと共にフィリックス・ザ・キャット100周年を祝う特別企画。 1919年に誕生以降、世代を超えて愛されてきた、世界で最も有名な黒猫「フィリックス・ザ・キャット」。気鋭のアーティストとともに100周年をお祝いします。 今回はグラフィティーやコミック的表現をバックグラウンドに持ち、現在は東京で活躍する主要な作家3名GASIUS、DIEGO、BIENとコラボレーション。 UKのグラフィティシーン黎明期に活動したバックグラウンドを持ち、シーンを牽引するアーティストであるRussell Mauriceが手掛け、ロンドンのGOODHOOD、ベルリンのSporadicやDOVER STREET MARKETなど限られたリテーラーのみで扱われているブランドGASIUS。 アートコレクティブ「SIDE CORE」のメンバーであり、カイカイキキがプロデュースするHidari Zingaro、OIL by 美術手帖などでの個展を成功させたのが記憶に新しいアーティストDIEGO。 史上最年少にしてワタリウム美術館での展示に参加、その他も個展や芸術祭など精力的に活動する若手の気鋭作家BIEN。 3名の気鋭作家それぞれの目線でフレッシュに生まれ変わった「フィリックス・ザ・キャット」をお楽しみください。 フィリックス・ザ・キャット 世界で最も有名な黒猫「フィリックス・ザ・キャット」は1919年に映画の主人公として誕生し、日本では1980年代に一大ブームを起こしました。コミックスやアニメーション、そして商品を通じ、彼の名前の由来である「フェリシアス=幸福を招くネコ」として、どんな状況にあっても諦めない不屈の精神と、周囲への大いなる優しさを発揮し、世界中で活躍し続けています。 https://www.felixthecat.jp/ ※本展示会ではGASIUSの商品出展はありません。


GASBOOK

世界のクリエイティビティを紹介すべく、GASBOOKは新しいアートとデザインのアイデアを世界中から集める媒体として1996年に誕生。GASBOOK初期には、従来の「書籍」ではなく、Tシャツ、DVDなどを用いて世界各国のアーティストの作品をまとめたオリジナルのパッケージで発表。2002年に出版した「GASBOOK 01 GROOVISIONS」より、毎号1組(もしくは2組)のクリエイターをフィーチャーするフォーマットへと移行し、2019年現在までに33冊を刊行してきました。 刊行から3号目にアーティスト・Geoff McFetridge を紹介し、その後もファッションブランド「P.A.M.」で知られるデザイナーデュオ・PERKS AND MINIとアーティスト・FERGADELICや今も尚世界から注目され続けるファッションブランド・UNDERCOVERのデザイナー・高橋盾と同じく世界を舞台に活躍するアーティスト・MADASAKIなど2組による特別な1冊も刊行。2000年代からは、グラフィックアーティスト・YOSHIROTTEN、ヘッドデザイナー・加茂克哉、アートディレクター・吉田ユニ、アーティスト・Jonathan Zawadaなどを紹介。クリエイターにとって初めての作品集となったケースも少なくありません。 全タイトルで見られるスタジオ写真とユニークな Q&Aも本書の見所のひとつ。また近年では、出版と同時にラフォーレミュージアム原宿や自社で運営するギャラリー「CALM&PUNK GALLERY」にて、関連展示も開催。今もなお、時代を超えて各分野のリファレンスとなり、先駆者として活動し続ける世界のアーティ ストを紹介するプラットフォームとして生き続けます。